*The English details follow Japanese.

<第2回小布施短編映画祭>
小布施町は、江戸後期に活躍した天才絵師葛飾北斎が、その晩年を過ごし、数多くの傑作を生み出した町です。
当時としては奇抜なクリエイティブを生み出す人材を快く招き入れ、後世に評価される作品づくりを支えたのは、町の旦那衆でした。
現代を生きる私たちもその姿に学び、時代の一歩先の見据え、様々な視点で新しいモノ・コトを生み出すクリエイティブな人材を応援できる環境をつくりたい。
そして、そんな人々との交流から、私たち自身も新たな視点を学び、文化を育みたい。

2019年、早春。
私たちは、そんな思いを胸に、「小布施短編映画祭」を開催しました。
新たな作品、新たな人々、そして新たな世界。
映画祭という形で私たちが蒔いた種は、さまざな形の出会いとなって花を咲かせてくれました。

2年目となる今年は、
ここで生まれた出会いが実を結び、次の新しい種へとつながっていくことを目指します。

〈小布施短編映画祭のこだわり〉
1. つくり手が、かたり手に
映画のつくり手が作品に込めた想いを自らの言葉で存分に語れる場を作ります。つくり手がかたることで、作品をより深く味わえる映画祭を目指します。

2. みんなが参加し、交流する
つくり手、観客、地域住民、すべての人がともに語り合い、学び合う映画祭を目指します。

3. カテゴリーを超えて、多様な視点から
フィクション、ドキュメンタリー、アニメーション、ミュージックビデオのカテゴリの中から「先見性」「映像美」「感動」の3つの視点で作品を評価していきます。

<2nd Obuse Short Film Festival>
Obuse is where Katsushika Hokusai, the ukiyo-e artist and print-maker of the late Edo-period, spent his later years in life to produce many masterpieces. It was the business owners who welcomed the unconventional artists to town and supported them create works which were highly appreciated by the later generations.
Inspired by our ancestors, we aim to create such environment in this modern day, to support those with insights into the future who create “something new” from unique perspectives. Furthermore, we strive to learn from the interactions with the creators, to foster culture.

Early spring of 2019, we have hosted the “Obuse Short Film Festival” where we brought together, new film works, new people, and new worlds.
The seed we have planted as the host of the film festival had its flowers bloom in people, as inspiration through encounters.

In 2020, as we enter our second year, we hope for these encounters to bear fruit, and produce new seeds for the future.

<What’s different about Obuse Short Film Festival?>
1. Be talkative
We will not just be screening the nominated films. We will be having sessions to have the creators talk about their thoughts and background of their creations.

2. Everyone’s in
The participants of this film festival is not just the filmmakers. There will be juris selected from non-creators, with a strong passion for films.

3. Beyond categories
We will be giving awards beyond categories. We will be seeking edginess, film beauty, and something we can bring back to our daily lives.

*The English details follow Japanese.

・本映画祭は、3つの賞を設けています。それぞれ異なった観点/テーマを基準に審査され、Winnerが選出されます。
・各賞のWinner作品の中から、その年のグランプリ作品が選出されます。

【3つの賞】
①コシナ賞
・世界最高品質のレンズを製造してきたパートナーのコシナによる、コシナ賞。「思わずスクリーンに引き込まれる、息を呑むような美しい作品」に贈られます。
・「映像の美しさ」を軸とし、ショットやルックの美しさ、映像美が作品のクオリティを効果的に高めているか、という基準で審査を行います。
・美しい映像を通じて、作品の世界観やメッセージを最大限に表現している作品を評価します。
<審査員>
小布施短編映画祭 コシナ賞審査委員会(株式会社コシナ)
タカザワカズヒト(小布施短編映画祭コンペティション・ディレクター/映画監督)
<副賞>
20万円相当のコシナ製レンズ

②監督賞
・映画や映像の第一線で活躍するクリエイターが、監督の脚本や演出へのこだわりを評価する監督賞。
・作品テーマの新規性や先見性、映像表現としての新しさなどを評価基準に、時代の一歩先を見据えた作品を評価します。
・特にストーリーや脚本としての面白さ、作品に込められたメッセージ性、作品全体の作家性などを基軸に審査を行います。
<審査員>
関和亮(映像ディレクター/小布施町出身)
外山文治(小布施短編映画祭プロデューサー/映画監督)
<副賞>
賞金:20万円

③一般審査員賞
・小布施やその近隣から公募で集まった映画好きの審査員による、一般審査員賞。
・「この映画が一番好き」「感動した」「面白かった」など、純粋にオーディエンスの心に響く優れた作品に贈られる賞です。
<審査員>
みんなが審査員(公募により募集した小布施と映画を愛してやまないみなさん)
<副賞>
りんごの木 1本(1年間)

【グランプリ】
第2回小布施短編映画祭では、グランプリを設けます。
上記3つの賞のWINNER作品の中から、最も優秀な作品をグランプリ作品として選出します。
<副賞>
※グランプリの副賞については現在調整中です。

※なお、賞については、上記3つの賞を基本としながら、今後内容が追加あるいは変更される可能性があります。

--

・This film festival has three awards. Submitted works will be evaluated with the categories and themes of each awards set by the executive committee.
・The Grand Prix will be sent to the work which is considered as the best from all three categories. In addition, awards will be granted to the best works with respect to each of the three awards.

【Three Awards】
① Cosina Award
・Award granted by our partner Cosina Co., Ltd, manufacturer of lens with the highest quality in the world. Award for films with “beautiful cinematography that compels you to watch many times.”
・The evaluation will be based on the “beauty of the cinematography” with criteria such as the beauty of the visual as well as whether the scenes leave a visual impression on the viewers.
・This award will be granted to films which best express their worldview and communicate their message through beautiful cinematography.
<Judges>
Obuse Short Film Festival Selection committee of Cosina Award (Cosina Co., Ltd)
Kazuhito Takazawa(Obuse Short Film Festival Competition Director, Movie Director)
<Prize>
Lens manufactured by Cosina Co., Ltd (worth 200,000 yen)

②Best Director Award
・Award for films which are new and experimental.Selection by special judges of significance in the present movie and film industry.
・This award will be granted to films which best represents foresight into our future. The evaluation will be based on criteria such as novelty as a film work, foresight represented in the content, innovativeness of the work as an expression through cinematography.
・Quality of the storyline and script, message conveyed to the viewer, as well as the senses of the author represented through the film will be the main focus of this award.
<Judges>
Kazuaki Seki(Movie Director, born in Obuse town)
Bunji Sotoyama(Obuse Short Film Festival Producer, Movie Director)
<Prize>
JPY 200000

③Public Judge Award
・Award for films which gives us a new perspective or idea for our every-day life, through the extraordinary experience of watching a movie. Selection by the movie-loving judges of the general public from Obuse and neighboring areas, gathered through public subscription.
・This award will be granted to films which give the best inspiration to the viewers. The evaluation will be based on criteria such as the significance of the learning experience, impression, and the emotions evoked through the experience.
<Judges>
“Everyone is a judge”(The general public who loves Obuse and movies, gathered through public subscription)
<Prize>
An apple tree (For a year)

【Grand Prix】
A Grand Prix will be selected at the 2nd Obuse Short Film Festival.
This award will be granted to the best film chosen from the three winners of the awards above.
<Prize>
※The Prize for the Grand Prix is in progress of coordination

※Please note that the prizes are subject to change

*The English details follow Japanese.

本映画祭のコンペティションでは、30分以内の映像作品を募集します。
事務局で設定した3つの観点(詳細は「賞について」を参照)で審査をし、観点ごとに賞を設けます。
3つの観点を総合して、最も優秀な作品をグランプリとします。
作品の応募締め切り:2019年8月31日(土)

【作品の応募条件】
1. 募集期間
- 2019年7月1日(月)~8月31日(土)までの2か月間
2. 上映時間
- 30分以内の映像作品(※エンドクレジット、その他を含む全体の長さ)
3. 言語
- 日本語で理解できるもの。
- 作品中の使用言語が日本語以外のものについては、日本語字幕をつけた上で提出してください。
※日本語での理解が困難である作品については、審査の対象外とさせていただきますので、あらかじめご了承ください。
4. 制作拠点
- 日本を拠点に活動するクリエイターによる作品。
※FilmFreeway上の作品のCountry of Originが「Japan」となっていること
5. 映画祭への参加
- 映画祭当日(3月21日、22日)に参加できることが望ましい。
6. 制作年
- 2017年9月1日~2019年8月31日までに完成されたもの(過去2年以内の作品)。
※製作途中の作品は受け付けません。
7. ジャンル
- ドキュメンタリー/ドラマ/アニメーション/プロモーションムービー
※学生作品、Branded Short、MVなども応募可能です。
8. 国籍
- 不問
※ただし、映画祭当日参加できることを推奨します。
9. 出品料
- 無料
10. 応募方法
- FilmFreewayを使用して応募する。
11. 応募作品のデータについて
- 上映作品に選出された場合は下記の形式のデータが必要になります。
・ProRes422HQ or LT、もしくは高ビットレート(25Mbps)のMP4ファイル。
・サウンドはステレオであること。
・フレームレートは23.98fps / 24fps / 29.97fpsのいずれかに該当していること。
・解像度は1920 x 1080以上であること。
・アスペクト比は自由。
12. 応募上の注意
- 作品に関わる著作権の必要な手続きが済んでいること。
13. その他
- YouTubeなどで公開済み、または国内外を問わず他の映画祭で上映済みの作品も応募できます。
※ただし、第1回小布施短編映画祭に出品した作品は応募できません。

【作品提出の際に必要な作品情報】
1. 作品写真(72dpiで横幅1200ピクセル以上が望ましい。)
- 作品に関するプレスフォト(作品スチール写真)
- 高解像度のポスターイメージ(あれば。)
※映画祭でポスターサイズに出力し、会場で掲示する予定です。
- 監督顔写真
2. 短いあらすじ(100文字以内)
- 映画祭のホームページ/パンフレットなどに掲載します。
3. 監督のプロフィール(100文字以内)
- フィルモグラフィー/受賞歴など
4. 制作クレジット
- 脚本/撮影/編集/主要キャスト/作曲家など(ホームページやパンフレットなどで公開予定です。)
5. 作品に関する連絡担当者の氏名とメールアドレス(osff.exec@gmail.comからのメールを受信できるもの。)
6. その他
- 映画祭会期中に作品プロモーションを行います。これに伴い以下の3点について事務局に送る事ができます。
- 作品のポストカード:100 枚まで
- B2 以下のポスター:2 枚まで
- フライヤー:50 部まで

【上映作品】
映画祭当日は、グランプリ作品、各賞の受賞作品およびノミネート作品が上映されます。
最終的な審査の結果発表は2019年12月上旬に、ホームページ上で行います。また、それに加えて上映作品の制作者に対しては個別にメールで通知いたします。

上映作品の素材提供については審査結果の通知から3か月程の期間を設定しておりますが、審査結果の確定時期によって変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

【上映素材の提出期限について】
・2020年2月下旬。
・上映素材提出の詳細については、審査結果発表の際にメールにてお知らせいたします。
・素材提出の期限までに作品が届いていない場合、やむをえず当日の上映を取り消すことがあります。

【その他の注意事項】
・映画祭は上映作品の一部をプロモーションの目的で使用します。作品の10%を上限にプロモーション素材としてテレビやパブリックな告知スペース、インターネット上で公開されます。作品ポスター画像やプレスフォトについても同様です。あらかじめご了承ください。

・コンペティション作品の上映費用については、本映画祭事務局では負担いたしかねます。

--

Our competition calls for entries of films with duration of maximum 30 minutes.
The submitted films will be juried according to the three different categories (see About the Awards for detail), and awards will be granted for each category.
The Grand Prix will be granted for the film work which is considered best from all three categories.
Submission deadline:August 31st Sat. 2019

【Entry Qualifications】
1. Submission Dates
- Monday, July 1st to Saturday, August 31st, 2019
2. Duration
- Maximum 30 minutes (The total screening time, includes intro and end credits)
3. Language
- The film should be understood by Japanese speaking audience.
- If languages other than Japanese are used in the film, Japanese subtitles are required.
※Works which are difficult to understand in Japanese will not be qualified.
4. Country of Origin
- The film must be created by filmmakers based in Japan.
※Works whose Country of Origin on FilmFreeway are not Japan will automatically be disqualified.
5. Presence at the Film Festival
- Presence of the director at the film festival (March 21st & 22nd) is preferred.
6. Dates of Production
- Films produced between September 1st, 2017 to August 31st, 2019 (Produced within the past two years)
※Works in progress are not qualified.
7. Genre
- Documentary, drama, animation, and promotion movies are the main genres accepted. Works by students, branded short, and music videos are also qualified.
8. Nationality of Director
- Unspecified
※However, we recommend that the director be present at the film festival.
9. Submission Fee
- Free
10. Submission Method
- Data submission through FilmFreeway (this site).
11. Technical Requirements
- When chosen to be screened at the film festival, the following data form will be required.
・ProRes422HQ , LT or MP4 file of high-bit-rate (25Mbps)
・Stereo sound
・Frame rate of 23.98fps, 24fps or 29.97fps
・Resolution over 1920 x 1080
・Aspect ratio is unspecified
12. Note of Caution
- It is required that the submitted films have completed copyright formalities.
13. Other
- Films which are released on media such as YouTube and those which have been entered in other film festivals (domestic and international) are qualified for competition.
※However, works which were submitted to the 1st Obuse Short Film Festival cannot not be re-submitted.

【Required information for submission】
1. Press material(Preferred to be 72dpi, with width larger than 1200)
- Press photo (still photo of the film)
- High-resolution poster image(if possible)
※To be printed out in poster-size and put up at the festival
- Portrait photo of the director
2. Short synopsis(Max. 100 words)
- To be published on the website and pamphlets of the movie festival
3. Biography of the director(Max. 100 words)
- Filmography, awards received etc.
4. Production credits
- Writers, cinematography, editors, casts, composers etc.(To be published on the website and pamphlets)
5. Habitation
-
6. Name and email address of the contact person of the film (The email address should be able to receive emails from osff.exec@gmail.com)
7. Others
- Promotion of the works will be held during the film festival. Accordingly, entrants may submit the following to the office.
- Post cards of the film work: Max. 100 copies
- Posters under size B2:Max. 2 copies
- Flyers:Max. 50 copies

【Screening at the Film Festival】
At the film festival, works chosen as the Grand Prix, the three awards as well as those which are nominated will be screened.
The final competition results will be released in early December 2019 on our website. In addition, an email will be sent to the directors of these films.
For these works which will be screened at the film festival, the directors will have three months for material submission after the receiving the results. However, this is subject to change depending on the final decision date.

【Submission Deadline of the Screening Material】
・Late February 2020
・Details of the submission of the screening material will be informed with the email sent to the award recipients of the competition.
・Screening at the festival may be cancelled if the screening materials have not reached the office by the deadline.

【Others】
・Our film festival will use sections of the screening films for promotion. A maximum 10% of the works will be released on public media such as TV and the internet as promotion materials. Poster images and press photos will also be used for promotion.

・Screening costs of these films will not be covered by the office of the film festival.